MT4ツール製作

EA・インジケーターを制作する流れと注意事項

ツール制作の流れ
yuki
yuki
こちらではMT4やMT5で動くEAやインジケーターの制作依頼の流れをご説明します
カオチャイ
カオチャイ
インジケーターを作成する時に重要なことは「ロジックの言語化」をどこまでできるかどうかなので、その辺りを詳しくご紹介しますね!
シストレファクトリーCM

シストレファクトリーで制作できるEAやサインインジケーターにはどんな物があるのか?

作成可能なツール一例

・MT4、MT5で動くEA、バイナリーオプションのサインツール
・トラリピ系、ナンピン系などのEA
・全ての取引履歴を指定のフォーマットで出力するスクリプト
・5分足のチャート上に違う時間足のBBを表示するインジケータ―
・過去のローソク足◯本の勝率表示をするインジケーター
・チャート上のフィボナッチリトレースメントの表示非表示を切り替えるオンオフボタン
・アービトラージツール(使用する業者や通貨・市場などはお客様に指定して貰う必要があります)などなど

 

カオチャイ
カオチャイ
上記は一例ですが、投資関連のものでしたら外国為替に限らず株やCFD大抵のものは大丈夫です!
yuki
yuki
また、バイナリーオプションインジケーターの場合はハイローオートに完全対応で、他社で制作したツールでは通常はできないパラメータの変更も自由に可能になります!

 

インジケーター制作事例
EA&インジケーター制作事例 時間指定でエントリーするインジケーター こちらは当サイトでも配布している時間指定インジケーターです。 バイナ...

 

EAとインジケーター、サインツールの違い

シストレファクトリーには多くの注文が届きますが、その際に意外と多いのが、EAとインジケーター、そしてバイナリーオプションのサインツール(シグナルツール)の区別がついていないお客様が多いということです。

「バイナリーオプションのEAの作成をお願いします!」と言われることも多いのですが、EAでバイナリーオプション取引はできません。

自動売買ロジックを作成する上でこの辺りはちゃんと区別を付けておかないとやり取りの際に混乱してしまいますね。

ですので、下記のイラストで簡単に解説してみました。

 

EAはFX、サインツールはバイナリーオプション

EAとインジケーター・サインツールの違い

まず覚えるべきは、「FXの自動売買はEA、バイナリーオプションの自動売買はサインツール」ということです。

どちらもエントリーサインをだしてくれるものですが、EAはMT4を利用してFX取引が行えるのに対して、バイナリーオプションのサインツールはMT4でサインを表示できるものの、自動売買を行うにはハイローオートのような自動売買システムを使う必要があります。

そしてインジケーターですが、これはサインツールが矢印をださなくなったもので、自動売買には使えませんが、裁量トレードではFX、バイナリーオプション問わず広く利用されます。

 

ファイルの拡張子はすべて「.ex4」

EA、サインツール、インジケーターのややこしいところはもう一つありまして、それはファイルの拡張子がすべて「.ex4」というところです。

もともとバイナリーオプションが広まる前まではEAとインジケーターだけだったので、ex4ファイルが混在してもそこまで混乱はありませんでしたが、世の中の野良プログラマーの方々が、ボリバンや移動平均線などのインジケーターにサイン表示機能を足したらバイナリーオプションに転用できるということがわかり、ex4混在したまま一気に広まってしまった感じですね。

つまり、バイナリーオプションのサインツールは元々はインジケーターから派生したものということです。

yuki
yuki
インジケーターとサインツールに関しては、同じ意味で使っても前後の文章から話は通じますし、制作も後から修正ができるので大丈夫ですが、EAとサインツールを間違えてしまうとあとから修正ができませんのでご注意を

 

.mq4と.ex4ファイルの違い

こちらは見かけたことがある方もいらっしゃると思いますが、ex4ファイルと同じような動きをするものにmq4ファイルというものがあります。

mq4ファイルはex4ファイルの元になるもので、コードの編集が可能なファイルです。

しかしmq4ファイルをそのままではMT4が読み込めませんので、ex4ファイルに変換して読み込むわけです。

たまにex4ファイルを持ち込んで、ロジックを改造したいという依頼がありますが、残念ながらex4はコードを見れませんので改造が難しいです。

この場合、mq4ファイルでしたら、改造が可能です。

制作したツールの納品は大抵の業者さんがex4ファイルです。mq4ファイルでの納品は別料金がかかるのが通常です。

この理由は、コードはその業者さんのオリジナルの技術がたくさん使われており、セキュリティなどに直結する有料コードもたくさん詰まっているからです。

そのため、「mq4ファイルを無料で納品します!」という業者さんは一見良心的に見えますが、コードの中身は色々な所から集めてきた無料コードを組み合わせて制作している場合がほとんどです。

 

EAやサインツール制作の壁「ロジックの言語化」

ロジックの言語化

それではここからは実際にEAやインジケーターの制作手順にはいっていきます。

まずご自身の手法を自動売買ロジックに落とし込む過程で重要なのが、作りたいロジックを言葉で説明する事です(言語化)

例えばゴールデンクロスでしたら、「2本の移動平均線がクロスしたらエントリー」ではなく、「期間21の移動平均線が期間60の移動平均線を下から上にローソクが抜けて確定した時にRSIが20より低いという条件を満たしていたら買いエントリー、期間21の移動平均線が期間60の移動平均線を上から下に抜けてローソクが確定したら決済(RSIの値は考慮しない)」のようにしっかりと条件を言語化する必要があります。

yuki
yuki
もちろんクロスしたらエントリー!という条件でも伝わりますし、こちらでできるところは言語化しますのでご安心を!
カオチャイ
カオチャイ
ただし、高度なロジックになればなるほど細部まで言語化していないと、「後から想定していたエントリーと違う」、ということが起こりやすくなります

 

そのために言語化は細部まできっちり詰めなければいけませんし、この言語化作業を怠る業者さんは、後からクレームをだしても、「そんなこと指示されていませんよ」で修正に追加料金を要求したりするので注意が必要です。

yuki
yuki
お見積りに関しては、だいたいのイメージでもだすことはできますので、その場合は簡単な言葉でお伝えいただいても大丈夫ですよ!

 

制作時に言語化が難しいロジックもたくさんあります

この世になんでもできる万能なEAやインジケーターが存在しない理由として、ロジックの中には言語化が難しいものがたくさんあります。

特に言語化が難しい例として、トレンドラインなどがあげられます。例えば、

「直近で一番高いところからひいたトレンドラインをブレイクしたらエントリー」

という、我々人間でしたらすぐに理解できる説明ですが、機械から見ると「直近」の定義が曖昧です。

人間でしたらチャートを見て「だいたいこの辺りが高値だろう」と判断ができますが、機械の場合はそれができません。どの期間内での高値なのか、同値の高値があったらどれをとるのか、指定した期間をあとほんの少し遡ればもっと高値があるけれどもそれはどうするのか?

柔軟な判断が色々と必要なんですね。

同じ様な理由で水平線やフラッグ、三尊やダイバージェンスなども、なんとなくのロジックでしたら作成することは可能ですが、完璧な言語化は難しいです。(こちらの意図するものとお客様の意図するもののブレ幅が大きいという意味で)

カオチャイ
カオチャイ
この様に製作時にぶつかる言語化ですが、もちろんこちらもお手伝いしますのでそこはご安心くださいね

 

正しいEAロジックの言語化の例

yuki
yuki
それでは、こんな感じで言語化すれば意図するツールがつくれるという見本をご紹介しますね 
カオチャイ
カオチャイ
すこし固い言葉使いになりますが、あとからのトラブルを避けるためにここは頑張っていただきたいところですよ!

EA制作の時にきちんと言語化できている例

作りたいEAの主な手法:移動平均線を使ったトレンドフォロー手法

エントリーシグナル:

【買い】短期の移動平均線(例えば期間21)が中期の移動平均線(例えば期間60)を下から上に抜けてローソク足が確定し、下記買いフィルター条件を満たしていたら買いエントリー、短期の移動平均線が中期の移動平均線を上から下に抜けてローソク足が確定したら決済。

【売り】短期の移動平均線(例えば期間21)が中期の移動平均線(例えば期間60)を上から下に抜けてローソク足が確定し、下記売りフィルター条件を満たしていたら売りエントリー、短期の移動平均線が中期の移動平均線を下から上に抜けてローソク足が確定したら決済。

エントリーフィルター(オンオフ選択可能):

短期の移動平均線(例えば期間21)、中期の移動平均線(例えば期間60)、長期の移動平均線(例えば期間250)が下から長期中期短期の順で並んでいて全て上向きなら買いフィルター条件を満たす、上から長期中期短期の順で並んでいて全て下向きなら売りフィルター条件を満たす。

補足:
・移動平均線は3本、SMA、EMA、SMMA、LWMAを選択可能(3本の移動平均線で同じ設定を使う)
・移動平均線の期間は3本とも個別に設定可能
・移動平均線の適用価格はClose固定
・ロットは固定でパラメータ指定
・マジックナンバーを自分で決められるように
・エントリー時と決済時にアラートとプッシュ通知(パラメータでオンオフ選択可能)

 

カオチャイ
カオチャイ
コツは「エントリーシグナル」と「エントリーフィルター」を明確に分けることですね
yuki
yuki
あと一見良さそうですが「売りは買い条件の逆」のような言語化は危ないです。少し面倒ですがどこからどこまでが逆なのかを明確にしたほうが、完成品を動かした時になにか違うなんていう事がなくなります!

 

バイナリーオプションのサインツール制作の時にきちんと言語化できている例

作りたいEAの主な手法:ボリンジャーバンドを使った逆張り手法

終値がボリンジャーバンドの(期間をパラメータで指定可能)3σより上だったら売りサイン点灯、同じローソク足で3σより下に戻ってもサインは付けたままにする。

終値がボリンジャーバンドの(期間をパラメータで指定可能)-3σより下だったら買いサイン点灯、同じローソク足で-3σより上に戻ってもサインは付けたままにする。

 

カオチャイ
カオチャイ
上記とは逆に良くない言語化例としては、「ボリンジャーバンドの3σを超えたらサインを出す。-3σも同じ。」と依頼されるお客様は多いですが、どこが良くないかと言いますと「3σを超えたら売り」とは限らない部分です
yuki
yuki
取引手法は無限にありまして、「ボリンジャーバンドの3σで買い」という方も世の中にはいらっしゃるので、このあたりも必ず条件を明確に言語化しなければ出来上がったロジックが別物だということがありますので気をつけなければいけません

 

言語化したEAやインジケーターのロジックをチェック

ロジックの言語化ができましたら、シストレファクトリーで内容を精査して不明な点があればこちらから質問させていただき、曖昧な点を無くしていきます。

また、EA制作などでよくあるパターンが、勝率を求めすぎるがゆえにエントリー条件が厳しすぎて3日に1度しかエントリーしないEAになったり、逆にロジックが噛み合わずにエントリーが出すぎてしまうようなパターンです。

ですので、実際に制作がスタートする前に徹底的に詰めていきます。

しかしそれでもロジックが複雑な場合は完成してから発覚することも多々あります。

そこで、シストレファクトリーではEA・バイナリーオプションのサインツールともに、後からパラメータの変更ができるように作成いたします。

 

カオチャイ
カオチャイ
BOのサインツールは納品されて動かしてみたら全然矢印がでなくて使い物にならないなんて言う話もよくありますが、シストレファクトリーならば安心ですよ!
実装するパラメータについて
パラメータの解説
シストレファクトリーで制作したツールのパラメータ解説 連続エントリー防止機能 EAやインジケーターを初めて作るロジックによくある話なのですが、イメージの中ではちゃんと稼働してい...
パラメータの変更が可能
シストレファクトリーで作ったBOインジケーターはパラメータの変更が可能 バイナリーオプションの自動売買は、パラメータの変更ができない? ↑おなじみのMT4パラメータ画面ですが、実は自動売買では変更しても...

 

エラー処理など万が一の事態に備えた機能も実装

シストレファクトリーでは下記ツイートのようなEAの突発的な問題に対応するためのエラー処理を追加するリクエストもご相談にのれます。

上記は、AXIORYという海外業者さんで動かしているEAが、突然複数のポジションを持ったという報告がTwitterにたくさんでてきた問題です。

この問題はシストレファクトリーの開発スタッフの一人であるえみぽぬさんがいち早く問題を見つけ出し、素早く対策が広まった後、AXIORYも不利な約定は修正をおこないますと発表したことで解決しましたが、多くの場合トレーダーが被害を被って終わることが多いです。

ですので、大きなロットで動かす予定のEAやインジケーターには予測されるエラーに対するエマージェンシー機能を先回りでつけておかなければいけません。

しかしこのエラー処理で難しいのが、「ブローカーごとにエラーの出し方が違う」という部分で、これに対処するためには各業者のエラーパターンを網羅しなければならないので個人開発ではほぼ不可能です。

その点、シストレファクトリーには豊富な各ブローカーのエラーデーターがそろっていますのでお任せ下さい。

 

お見積りと納期に問題がなければお支払いのお手続きをお願いします

EA/インジケーター制作を開始するにあたり、お支払いは先にお願いしております。

先払いが不安な方もいらっしゃるかと思いますが、当社はきちんと法人登記をしている実在する会社なのでご安心下さい。(この界隈は個人が副業で制作代行をやっていて支払い後に行方がわからなくなることも多いので注意です)

支払い方法はPaypal(クレジットカード)または銀行振込となります。

また、ご入金の際にお問い合わせ時のお名前と異なるようでしたら、事前にご連絡くださいませ。

yuki
yuki
納期はだいたい2週間程度となっております

 

手順④ 商品受け渡しとテスト稼働

商品が完成してツールをお渡ししましたら、まずデモトレードなどで24時間以上のテスト稼働をしていただきます。

もちろんシストレファクトリーでも長時間の稼働テストを行っていますが、ご利用環境は異なりますので最終テストは必ずお客様のパソコンでお願いしております。

その際にエントリーしないなどの不具合などがあるようでしたらすぐに修正いたしますので早急にご連絡ください。(1ヶ月以内でしたら無料で承ります)

お客様に実際に稼働していただき、挙動に問題がないようでしたら納品完了となります。

 

EA・インジケーター制作のお見積りなどはこちら
料金とお問い合わせ
MT4・MT5のEA・インジケーター作成と料金のお問い合わせシストレファクトリーで制作したツールの著作権はお客様に帰属するので自由に販売可能! シストレファクトリーで作成したEAやインジケーター...
バックテストの代行
バイナリーオプションのバックテスト代行承ります業務用の価格データを使ったバイナリーオプションのバックテストを承っています。 アナライザーで分析可能な状態でデータをお渡しするので、後から時間や曜日などを変更して分析が可能です。...
将来的にインジケーターを販売するなら「MQLAuthの実装サービス」がとっても便利!
EAインジケーターに口座番号認証を実装
EAやインジケーターに口座縛りをつけてコピー対策 ※MQLAuth(エム・キュー・エル・オースと呼びます) MQLAuth口座番号認証をつけると何ができる? https://...