バイナリーオプションのバックテスト代行承ります

バックテストの代行
yuki
yuki
当サービスをご覧いただきありがとうございます。シストレファクトリーではバイナリーオプションサインツールのバックテスト代行を行っております
カオチャイ
カオチャイ
期間や条件は自由に指定でき、価格データは業務用の精度の高いものを使用して個人では出せない正確なテスト結果をお渡しできますよ!

バイナリーオプションのバックテスト代行とは?

バイナリーオプションのバックテスト代行

バイナリーオプションやFXで自動売買を行う場合に必ず必要なものがバックテストです。せっかくサインツールを手に入れても、そのツールの得意な取引時間や時間帯、曜日などがわからずにただMT4にセットして動かしているだけではなかなかお金を稼げるようになりません。

専業のシステムトレーダーともなりますと毎週バックテストを行ってロジックの得意な相場のみを集中的に動かすことによって利益を作っています。

ただ、バイナリーオプションのバックテストはFXのEAと違って、通常のツールでは分析が少々難しいです。

長期間のバックテストはPCのスペックが高くなければ時間がかかってしまいますし、使っている価格データーが正確なものでなければバックテストと実際の相場で動かした時の差が大きくなってしまいます

そこでシストレファクトリーのバックテスト代行サービスの出番という訳です。

 

バックテスト代行サービスはこんな人におすすめ!

バイナリーオプションツールのバックテスト代行サービスは下記のような方にぴったりのサービスです。

・自動売買のツールを持っているけどその勝率を知りたい方。

・バックテストのやり方がわからない人。

・15分の2番目、3番めの判定時間のバックテスト結果が知りたい人

・短期間のバックテストならできたけど、長期間となると時間がかかりすぎてできない方。

・正確な価格データを使ってのバックテスト結果が欲しい方。

・使っているツールがリペイントしているかどうかを知りたい人(こちらは別料金が発生します)

yuki
yuki
バックテストはスペックの低いPCで長期間をやろうとすると算に一晩かかる案件なので手間がかかります
カオチャイ
カオチャイ
また、一般的なバックテストソフトですと15分の2番目、3番目の判定時刻には対応していませんのでその時間軸の勝率が知りたい方にもおすすめです!

 

無料のヒストリカルデータと業務用のヒストリカルデータではテスト結果に差が出ます。

バイナリーオプションのバックテストツールとしてハイローオートのアナライザーがありますが、なぜわざわざバックテスト代行を頼む必要があるのでしょうか?

それはバックテストの結果は、通常のMT4と業務用のデータを使うMT4ではテスト結果に差が出るからです。

シストレファクトリーで使う価格データーはTDSという業務用の価格データを利用しています。

TDSはTick Data Suiteの略で、Real Tick(リアルティック)でのバックテストを行うための価格データです。シストレファクトリーでおこなうバックテストにはすべてこのTDSを使用しています。

リアルティックと言っても多くの人はご存じないのでご説明しますが、まずティックとは、為替レートが動くたびに刻まれる最小のデータ単位で、通常MT4ですと1分足が一番小さな足になりますが、ティックはその1分足よりも更に小さい秒単位でのデータのことです。

当然、実際にハイローオーストラリアを使って取引する際も皆さんはこのティック単位で取引しているわけですが、実はMT4でバックテストを行ってもこのティック単位でのバックテストはできません。

MT4でのバックテストでは普段の処理を早くするために「擬似ティック」という、アバウトなデータをティックと置き換えてバックテストデータを出力しています。

ですので、ティックの影響が大きい1分足など短い取引時間のバックテストになるほど実際の取引の結果の乖離は大きくなるわけですね。

ですので、正確なバックテスト結果を出すためにはリアルティック、すなわちTDSを使ってのバックテストが必要になるのです。

バックテストにおける価格データの信頼性を表す数値として「モデリング品質」というものがあります。

これは単純に高いほうが取引する際の価格に近いということなのですが、実はMT4の価格データのモデリング品質は最大で90%、1分足のテストとだと25%程度まで品質が落ちます。

そのため1分足のサインツールはバックテストと実際に動かした場合の結果が大きく変わりやすいと言われています。

しかしTDSのモデリング品質は99.9%を誇っており、実際に動かした場合の結果に限りなく近いテスト結果を出すことができます。

 

リペイントのチェックも受け付けております

リペイントこのチャートをよく見るとハイとローの2つの矢印が同時にでています

バイナリーオプションのサインツールの中には「リペイント」するツールがあります。

リペイントというのは勝率をよく見せるために矢印を後から書き換えるもの、矢印が確定して一つ前のローソクに矢印を出すもの、一つのローソクにハイとロー2つ同時に出すものなど広義で使われますが、リペイントするインジケーターに共通して言えるのは「自動売買で動かすと負けてしまう」ということです。

矢印を強引に書き換えるものですとチャートを見ていれば目視である程度わかるのですが、例えば1日に1~2回しかリペイントしないものなどは目視で見つけるのが困難です。

シストレファクトリーではこのようなわかりにくいリペイントもあぶり出して、リペイントツールで損失が発生する前に気づくことができるサービスです。(別途料金が発生します)

リペイントについて詳しくはFX-EAラボのページへ

 

バックテストでわかるサインツールの項目

①ハイローオートアナライザーで分析できる.csvデータ

 

お渡しするデータにはハイローオートの無料アナライザーで分析できるデータが同封されます。

お渡ししたデータをアナライザーで読み込めば、曜日別や資金の推移などが見られるだけではなく、マーチン回数を変えたり、稼働時間設定を変えたり、ハイとローを別々で出力するなど、条件を変更したものを再計算して結果を試すことができます。

特に深夜帯など、ロジックによっては不得意な時間などを削った勝率などももちろん再計算が可能です。

 

②バックテストレポート

購入数 取引のあった回数です。
勝数 勝った回数です。
負数 負けた回数です。
引分数 引き分けの数です。
(業者によりますが、ハイローオーストラリアでの引き分けは負けです)
勝率 勝ちトレード数を全体の取引数で割った数値です。
最大連勝数 連勝数です。
最大連敗数 連敗数です。
プロフィットファクター 総利益÷総損失の値です。FXの場合ですと理想は1.3~1.6あたりに収まりたいです。
最大ドローダウン 期間中に、資産から最大どれぐらいの損失が出たかの値です。
総損益 最終損益の数字です。
曜日別勝率 曜日別の勝率を出して、ロジックの得意な曜日がわかります。
時間帯別勝率 1時間単位での勝率を出し、ロジックの得意な時間帯がわかります。

こちらは.txtファイルでお渡しするテスト結果簡易一覧表です。

さきほどのアナライザーで詳細を見ることができる内容ですが、まずは手軽にバックテスト結果の概要をお知らせするためのものです。

 

②月別勝率表

月別勝率表

月別勝率表はバックテスト結果を月別に出力し、そこへ他の主要な通貨・市場がどのような動きをしていたかの表を並べたものです。

ロジックによっては市場の動きに引っ張られるものも多くありますので、お使いのロジックの得意な相場、苦手な相場を月別勝率表と比較して割り出すことができます。

※こちらはバックテスト結果に関してはご依頼年数分の結果をお出ししますが、その他の市場環境データは2018年以降となっております。

カオチャイ
カオチャイ
バックテスト結果としてお渡しするのは、レポート+月別勝率表+アナライザー用csvデータの3つです!
yuki
yuki
もちろんお渡しするテスト結果は制度の高いTick Data Suiteのヒストリカルデータを利用しておりますよ!
カオチャイ
カオチャイ
なお、スプレッドを変更したい場合はデータを触る必要がございますが、こちらの記事で簡単に変更することが可能です。

 

バックテスト代行 料金表

バックテスト料金は1条件ごと(通貨、チャートで使っている時間足、ハイローオーストラリアの判定時間)で、そこに何年分の期間を出すかによって料金が変わります。

バックテスト料金表(1条件ごと)

・1年間 3300円(税込)

・3年間 4400円(税込)

・5年間 5500円(税込)

・10年間 6600円(税込)

・リペイントチェック(1インジケーターにつき) 3300円(税込)

yuki
yuki
もしリペイントが発覚していた場合には修正も可能ですが、その際はmq4ファイルと別途お見積りが必要ですのでご了承下さい!

※納期は条件数にもよりますが、通常3日ほどいただいております。(リペイントチェックは録画テストが必要ですので1週間程かかります)

 

ご注文例

※バックテストを行う際には、条件のご指定と、ご利用のインジケーター(.ex4または.mq4ファイル)、もしパラメータの設定のご指定があればその数値を送付して下さい。

 

通貨:「USDJPY」 MT4チャートの時間:「5分」 ハイローオーストラリアの判定時刻:「15分の2番目に来る判定時刻」 分析期間:「1年」

お見積りは、1年期間✕1条件なので3300円(税込)です。

 

通貨:「AUDJPY」 MT4チャートの時間:「5分」 ハイローオーストラリアの判定時刻:「15分の3番目の判定時刻」 分析期間:「3年」でハイとロー別々に分けて欲しい

お見積もりは、ハイとローがそれぞれ別の条件になるので合計8800円(税込)です。ただし、お渡しするファイルの中にはアナライザーで分析できるcsvファイルがありますので、それを使えば後からハイとローを分けて出力できますので、この場合は4400円(税込)のデータ1つにしたほうが良いかと思います。

 

通貨:「EURUSD」 MT4チャートの時間:「1分」と「5分」 ハイローオーストラリアの判定時刻:「1分Turbo」と「5分Turbo」 分析期間:「3年」

お見積もりは、3年期間✕2つの条件なので合計8800円(税込)です。

 

通貨:「USDJPY」 MT4チャートの時間:「1分」 ハイローオーストラリアの判定時刻:「1分Turbo」 分析期間:「3年」 備考:一つはロジックのパラメータを変更、もう一つはロジックのパラメータがデフォルトの状態で

お見積もりは、3年期間✕2つの条件なので合計8800円(税込)です。

 

通貨:「EURUSD」と「GBPJPY」 MT4チャートの時間:「EURUSDは1分」と「GBPJPYは5分」 ハイローオーストラリアの判定時刻:「両方とも5分Turbo」 分析期間:「5年」

お見積りは、5年期間✕2つの条件なので11000円(税込)です。

 

バックテストができない条件

バックテストができない条件

バックテストですが、いくつかできない条件がありますので、こちらでご紹介してきます。

HighLowスプレッドのバックテストは残念ながらできません。これはHighLowがどこのレートを使ってスプレッドを決めたのかのデータが存在しないからです。

・即エントリーのバックテストも受け付けておりません。サインがでてから次の足でエントリーする前提でのテスト結果になります。

バックテスト対策が施されているインジケーター。

 

※バックテスト結果としてお渡しするレポートには「マーチンを考慮しない勝率等のデータ」を記入します。マーチンをいれた場合の結果については、レポートと同梱するバックテストデータ(csv)を使って、ハイローオートのアナライザーで御覧ください。

 

バックテストのお見積りはこちらから

バックテストのお申し込みには、ご利用のインジケーター(zipファイルに変換してご送付下さい)が必要です。

 

 

ツール制作の流れ
MT4のEA・インジケーターを作成依頼する際の流れと注意事項をまとめましたMT4やMT5に関するツールを作成する際の流れを説明しています。 シストレファクトリーでは一からEAの制作以外にもツールの修正や、統計的なアプローチができるソフトなどお客様の欲しいツールを形にいたします。...
料金とお問い合わせ
MT4・MT5のEA・インジケーター作成と料金のお問い合わせ大変申し訳ございませんが、現在大変多くの制作ご依頼をいただいておりまして、人員を増やして対応しておりますが納期が1ヶ月以上かかるようにな...