EAやインジケーターに口座縛りをつけてコピー対策【MQLAuth実装代行】

EAインジケーターに口座番号認証を実装
yuki
yuki
この記事では、EAやインジケーターに口座縛りをつけることができるMQLAuthの実装代行サービスのご案内です
カオチャイ
カオチャイ
MQLAuthを使えばEAやインジケーターのコピー防止や、遠隔でツールの稼働&停止などの操作が可能になります!

※MQLAuth(エム・キュー・エル・オースと呼びます)

MQLAuthのイメージ

サーバー認証のしくみ

 

MQLAuth管理画面こちらは口座番号を登録するMQLAuth管理画面

 

MQLAuthシステムは、MQLAuth社が提供している、EAやインジケーターに認証を書き込むことでコピーを防止するシステムです。

特徴的なのは、個人の開発者が導入するには敷居が高いサーバー認証を採用しており、MQLAuth認証が書き込まれたEAやインジケーターは、MQLAuthサーバーに口座番号が登録されたMT4(MT5)のみでしか稼働ができなくなります。

パスワード方式やコードに直接書き込む口座認証と比較すると高いセキュリティ機能を持っており、遠隔での利用停止、配布済ツールのアップデートを行っても認証はそのまま利用可能といったメリットがあります。(認証方式の比較記事はこちら

 

 

動画中のPaypal決済機能についてはお尋ねください

 

MQLAuthの機能

MQLAuthの代表的な機能としては・・・

① 遠隔でツールの稼働を許可したり停止したりすることができる

② EAやインジケーターに利用期限や試用期間をつけられる

③ MT4のチャート上に遠隔で好きなメッセージを表示

④ ツールのアップデート時にチャート上に自動で通知が届く

上記のことができるようになります。

 

従来の、mq4ファイルに口座番号を直接書き込む方式を使ったことがある方ならご存知かと思うのですが、この方式の場合・・・

①お客さんからMT4の口座番号を聞く

②mq4ファイルにMT4の口座番号を入力してからコンパイル

③お客さんにEAを送付

という手順を、配布する全てのEA&インジケーターに1つずつ行なう手間がありました。

また、EAのアップデートやバグの修正などがあってアップデートする場合は、上記の手順をまた全てやり直す必要があります。

しかしMQLAuth口座番号認証システムの場合は、ブラウザから口座の登録・変更ができるのでコンパイルの手間はありません。

※MQLAuthが実装されたサンプルインジケーターはこちらからダウンロード

 

 

MQLAuth認証 実装代行サービス

MQLAuth社はBtoBの企業なので、個人向けに実装するサービスはありません。

そのため、MQLAuthを実装したい開発者さんは、MQLAuth公式のチュートリアルを見ながらご自身で実装する必要がありました。

yuki
yuki
そこでご利用いただきたいのが、シストレファクトリーのMQLAuthを実装代行サービスです。 
カオチャイ
カオチャイ
お客様のEAやインジケーターをmq4ファイルで預けていただければ、シストレファクトリーでMQLAuth認証機能を実装してmq4ファイルにてお返しいたします
yuki
yuki
もちろん開発者様ご本人でも実装可能ですが、時間を節約したい方にはとてもおすすめできるサービスです! 

 

 

MQLAuth口座番号認証実装代行サービスで使えるようになる機能

1、口座認証機能(コピー防止)

2、一斉メッセージ機能(アップデート自動お知らせ込み)

3、個別メッセージ機能

4、無料お試し期間設定

 

口座番号認証機能(コピー防止)

MT4インジケーターの口座認証口座認証の許可を出していないMT4ではインジケーターをロックします

 

管理画面MQLAuth管理画面から登録した口座のMT4はロックが解除されます

 

まずは基本である口座認証機能のご紹介です。

この機能があると、上記のMQLAuth管理画面に登録したMT4の口座番号でのみ動くようにできますので、万が一配布したツールが不正コピーされても動かすことができません。

従来の口座縛りの方法は、mq4ファイルに口座番号を書き込んでコンパイルして配布するという手間がかかるものでしたが、MQLAuthは管理画面から口座番号を入力するだけですので簡単にコピー防止ができます。

また、MQLAuth管理画面から口座番号を削除・変更することでツールの遠隔停止や期限延長の管理などもおこなえます。

また、上の画像では『こちらのインジケーターはご利用の口座では使用できません』と表示されるようになっていますが、このメッセージからお好きなURLへリンクを飛ばしたりもできます。

 

一斉メッセージ(アップデート通知)&個別メッセージ機能

MT4で一斉お知らせ機能

この機能はインジケーターがはいっているチャート上に「一斉メッセージ」又は「個別にメッセージ」を表示する機能です。

メッセージにはリンクをつけることもできますので、そこからマニュアルや問い合わせ先、新商品への誘導もおこなう事ができます。

また、ツールの修正やアップデートがあった場合、MQLAuth管理画面からverを変更するだけで事前に設定しておいた「アップデートのお知らせメッセージ」と「新バージョンのダウンロードURL」を自動でチャートに表示する機能も備わっています。

 

無料お試し期間

MT4の口座認証

無料お試し期間の機能は、SNSなどでツールを配布する場合にとても便利な機能です。

利用者がツールをダウンロードして、初めてチャートに適用した日から「◯日間無料お試し」のような設定ができます。

もちろん開発者様が毎回期限の設定や管理画面で設定をする必要はありません、期限は事前に設定した日数が自動で付与されます。

 

MQLAuth実装代行サービスお申し込み

シストレファクトリーの実装代行サービスはインジケーター(mq4)をシストレファクトリー預けてもらえれば、3日ほどの納期で口座番号認証を実装できます。

カオチャイ
カオチャイ
なお、事前準備としてMQLAuthに登録(無料)して、MQLAuth_IDをご連絡して頂く必要がございます(所要時間3分程度)

 

MQLAuth口座認証実装代行サービス料金

mq4ファイル1つにつき 11000円(税込)

※上記とは別に下記のMQLAuth管理システム料金(月額)がかかります。

 

申し込みフォームに入る前に、準備としてMQLAuthに登録(無料)して、MQLAuth_IDの取得をお願いいたします(所要時間3分程度)

 

MQLAuth管理システム月額利用料金

なお、MQLAuthは月額課金制です。(登録者5人までなら永久に無料

MQLAuthシステムへの登録人数(縛る口座数)により毎月の利用料が決まる後払い方式です。

※毎月MQLAuth社から請求書が届きます。

カオチャイ
カオチャイ
通常はシステム構築だけで10万円以上、維持費で月数千~数万円するサーバー認証のシステムですが、MQLAuthでしたら一人あたり月額50円~80円でご利用いただけますよ!
MQLAuthシステム月額利用料
MQLAuth登録者数 料金
5人まで 無料
20人まで 1650円(税込)
30人まで 2200円(税込)
50人まで 3300円(税込)
100人まで 5500円(税込)
以降10人増えるごとに 550円(税込)加算
シストレファクトリーはMQLAuthシステムの実装代行業務のみ行っており、利用料はMQLAuth社へお支払いいただきます

※月末23:59時点でのMQLAuthシステム登録数(課金者数)で料金が確定します。そして翌月初旬にMQLAuth公式から請求通知が届きますのでPaypalまたは銀行振込にてお支払ください(後払いです)

※無料お試しで一時的に登録されるお客様の分は課金されません。(MQLAuth管理画面のマイページから有料へ移行手続きをされるまでは有料に切り替わりません)

請求通知発行から1週間時点でお支払いが確認できない場合は、MQLAuthシステム画面の編集・新規の課金ができなくなりますのでご注意ください。

 

MQLAuth実装サービスQ&A

MQLAuth管理画面

一度登録された利用者がインジケーターを使わなくなった場合はMQLAuthシステム上から削除はできないの?

もちろん削除可能です。MQLAuthに登録されている利用者の口座番号を管理画面から削除すれば人数にカウントされなくなりますので、月額利用料を抑えることが可能です。

ただし、ツールの購入者はEA・インジケーターの使用ができなくなりますので、予告なしに削除するのはおすすめしません。

ご利用者様のツール最終稼働日(最終認証時間)」がMQLAuth管理画面上から確認ができますので、稼働がしばらく無いことを確認したら、チャート上に「口座停止中です。再稼働をご希望の場合はご連絡ください」のように個別メールの通知設定をしておくことをおすすめします。

ただ、多くの管理人様は3ヶ月程度の利用がなければ機械的に削除されているようです。再度利用したいの申し込みがあれば、口座番号を登録しなおせば再稼働しますので、大きな問題には繋がりにくいです。

一定期間以上稼働していないユーザーを自動で削除して欲しい

お客様情報をMQLAuthの運営側が把握して削除する機能は現実的ではないため、実装の予定はございません

お試し期間中のユーザーはMQLAuthの月額に課金されますか?

お試し期間中は月額料金の人数にはカウントされません。MQLAuthの利用料にカウントされるのは、管理者様がご自身でMQLAuth管理画面に登録された場合のみです。

EAやインジケーターの登録数に制限はありますか?

EAやサインツールなどの登録数は無制限です。

ファイルが2つに分かれているインジケーターはそれぞれに料金がかかりますか?

ご自身でMQLAuthを実装される場合、ファイルが複数でもMQLAuth上には1つのインジケーターとして登録し、各ファイルからその登録情報を利用すれば、2つを1つのインジケーターとしてご利用できます。その場合、月額利用料も1つのEAに登録された口座縛り分でOKです。

(※ファイルをそれぞれ独立してMQLAuthに登録しますと、2つのファイルでしたら
2ファイル×口座縛り分の人数が月額料金としてかかってきますので、ご自身で実装される場合はご注意ください。)

なお、MQLAuthを実装代行サービスをご利用される場合の実装代金については、
実装するファイルの個数分の料金を頂戴いたしますのでご注意ください。

MQLAuth実装サービスで体験版機能をつけてもらいましたが、体験版の期限はどこから変更すれば良いですか?

体験版機能の期限はインジケーターのソースコード内から変更します。

MQLAuth実装サービスをご利用の方でしたら、ご希望のお日にちをお伝えくだされば変更したものをお渡しします。(納品後1か月以内は無料で変更可能)

個別ユーザーごとの変更でしたら、MQLAuthの【ユーザー管理】画面より、期限を変えたいユーザーの【編集】ボタンをクリックし、【利用期限】の欄から変更することができます。

1週間の体験版付きインジケーターを配布していますが、特定の人だけ期限を伸ばすことはできますか?

MQLAuthの【ユーザー管理】画面より、期限を変えたいユーザーの【編集】ボタンをクリックし、【利用期限】の欄から変更することができます。

元々インジケーターに設定してある体験版期間よりも、MQLAuth管理画面から変更した期限が優先されます。

利用者のMT4がデモ口座かリアル口座かで適用方法は変わりますか?

特に変わりません。MQLAuthは口座番号で認証をおこなっており、デモ口座かリアル口座かは関係ありません

利用者からMT4を変えたいと言われた場合はどうすればいいの?

メールアドレスを登録している利用者様でしたら、ご自身でMQLAuthの利用者向け機能から、口座番号変更の申請ができます。→MQLAuth HP

また、メールアドレスを登録していなくても、管理者が利用者から新しいMT4の口座番号を教えてもらえば、MQLAuth管理画面より手動で口座番号の変更は可能です

体験とユーザー登録を合わせた人数が6人目になると「編集が出来ません」と表示されてしまいます

無料プランでのご利用可能ユーザー数は5名様までです。それ以上の編集が必要な場合はMQLAuth管理画面マイページより、有料プランへ移行して下さい。

なお、無料プランでは5名様までの編集となりますが、登録される体験ユーザー数の上限はございません

MQLAuth実装サービス申し込み時に、ダウンロードURLを登録するよう書かれていますが、EAなどをダウンロードするサイトを作る必要があるということでしょうか?

サイトを用意してもらってダウンロードURLに登録しておけば、EA/インジケーターのアップデートをした時に自動でアプデ通知が飛び、MT4のチャート上からURLに飛んでダウンロードしてもらえるので配布者さん、利用者さんともに便利ではあります。

しかしサイトを作るのは手間がかかるため、自動アプデ機能を使っていない開発者さんも多く、メールやLINEグループでその都度配布している方も多いです。

そのため、必ずしもダウンロードURLを使う必要はございません。

 

その他の疑問

MQLAuthで縛っているMT4の口座番号を変更したい

MQLAuthシステム管理者の場合は、管理画面から各ユーザーの【編集】から口座番号が簡単に変更できます。

ツール利用者が自分で口座番号を変更する場合は、こちらの記事で変更方法を解説しています。

逆に、管理者が口座番号を利用者に変更させたくない場合は、MQLAuth管理画面からツール利用者のメールアドレスの後ろに何でも良いので文字を足すと変更不可にできます。(裏技)

MQLAuthを実装するとEAやインジケーターのコピーができなくなるのですか?

EAやインジケーターの物理的なコピーは可能です。

ただし、MQLAuth管理画面に登録されていない番号のMT4では稼働できないので、コピーできない事と同義になります

管理画面から期限を停止にしたのにMT4は動いたままなのですが

MT4の仕様として、外部から変更されたデータはMT4の起動時やチャートの作成時に新たに読み込まれ、稼働の最中には読み込まれません。

そのため、管理画面からの変更が有効になるのはMT4再起動やチャートの作成後となります。

もしMQLAuthの月額利用をやめたらどうなるの?いままで配布したツールは突然使えなくなるの?

利用料金のお支払いがなかった場合は、新規の購入者の自動課金(ペイパル決済機能をつけていた場合)ができなくなるのと、MQLAuth管理画面の登録・編集ができなくなりますが、認証機能は引き続き有効で、ツールの購入者様はそのまま継続してご利用できます。

また、利用料金のお支払いがあればいつでも再び登録・編集機能をご利用いただけます。

領収証はもらえますか?

Paypalでのお支払いの場合は領収メールを領収書の代わりとさせていただきます。銀行振込の場合は領収証を作成させていただきますのでご連絡くださいませ。

「口座登録がされていません」の文字が消えません

1つのMT4で複数の口座を使っていたり、チャートを作り変えていなかったりと複数の要因がありますが、まずMQLAuth管理画面に登録されている口座番号とお使いのMT4の口座番号が一致していることを御確認ください。

その後、①チャートを消す。②MT4終了して、再起動。③新しくチャート作成してEAを挿入の手順でほとんどの場合は治ります。

なお、同じ証券会社のMT4を同時に起ち上げたりすると正しく稼働しませんのでご注意ください。

EA稼働中にMQLAuthサーバーが落ちたらどうなるの?

MQLAuthのサーバーが落ちた場合の動作ですが、MQLAuth実装代行サービスにて実装した場合はMT4を起動しているPCの日付が変わるかMT4を再起動するまでは認証情報を保持した状態です。

そのため、稼働中にいきなりEAが止まるということはございませんが、チャートを新規で立ち上げた時にEAの認証ができなくて稼働できないということは起こりえます。

この場合はサーバーの復旧までお待ちくださいませ。

MQLAuth管理画面にはLabo_FXという名前で登録しています。今後通貨ごとに名前を変えて、Labo_FX_EURUSDなどのバージョンを増やしたいのですが、管理は「Labo_FX」という名前で一元管理しても良いですか?

こちらは問題ございません。

#define MQLAUTH_ID “XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXf”
#define APPLICATION_NAME “Labo_FX”

この2行目が「Labo_FX」ならファイル名が何であれ全てLabo_FXの認証になります

コピートレードってどうやって見つけるのですか?

コピートレードソフトは取引量に応じて報酬が支払われるIB方式のEAを配布している開発者さんにとっては天敵です。

IB方式では配布者さんが口座を指定して、そこで利用者さんに動かしてもらいますが、その口座での取引を最小にし、取引手数料が安い別の口座へエントリーシグナルをコピーしてそちらでメインの取引をするソフトです。

配布したEA/インジケーターが安定して勝っているのに、最低ロットで動かしているアカウントはコピートレードソフトを使っている可能性が高いです。

実例としては、3ヶ月間安定して勝っていたEAの配布者様が上記のことからコピートレードを疑いまして、怪しいアカウントのチャートにMQLAuthのメッセージ機能で「コピートレード検出中」と流したところ、すぐにロットが大きく変更された事例があります。

Twitterをやっていないので、インクルードファイルの更新がされたかどうかがわからない

MQLAuthの最新情報はTwitterでご案内しています。

インクルードファイルの運用初期は頻繁にアップデートがありましたが、最近は安定しましてインクルードファイルのアップデートはそこまでございませんので、思い出したときにでもMQLAuth公式のサイト上部にあるverを確かめてもらえばよろしいです。

自分で実装する時にコードの書き方とかの質問はどこにするの?

シストレファクトリーは実装代行サービスを行っておりますが、ご自身で実装される場合の技術的なお問い合わせはMQLAuth公式へお問い合わせお願いします。

シストレファクトリーはMQLAuthの開発には直接関わっておらず、販売代理店の立場でございます。

 

EAやインジケーターのコピー対策
MT4のEAやインジケーターのコピー防止方法比較 EAやインジケーターには必ずコピー対策を! せっかく苦労して作ったEAやインジケーターですが、見た目のセンスがあったり、勝...